格安SIMの魅力と選び方ガイド メリットとデメリットを教えます

格安SIM・スマホ
スポンサーリンク
この記事はプロモーションを含みます。

こんなお悩みありませんか?

  • スマホ代が家計を圧迫している
  • 格安SIMに変えようと思っている
  • 格安SIMって大丈夫?

最近、スマートフォンの利用料金が家計を圧迫していると感じることはありませんか?そんな時に検討したいのが「格安SIM」です。

この記事では、格安SIMの基本からメリット・デメリット、選び方のポイントまで詳しく解説します。

マリトシ
マリトシ

格安SIMは安くていいよ!!

格安SIMとは?

格安SIMとは、通常の大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)に比べて、通信料金が安いSIMカードのことを指します。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる事業者が提供しており、大手キャリアの通信網を借りてサービスを展開しています。

格安SIMのメリット

1. 料金が安い

格安SIMの最大の魅力は、何と言ってもその料金の安さです。

大手キャリアのプランに比べて、月々の料金が半分以下になることもあります。これにより、年間で数万円の節約が可能です。

●大手キャリアと格安SIMの価格を比較

大手キャリア(30GB)格安SIM(30GB)
データ量30GBまで30GBまで
オプションなし5分無料
毎月支払い4,928円(※割引込み)
7,238円(※割引なし)
2,138円(割引なし)
マリトシ
マリトシ

同じ30GBで比較したときがこんな感じです。

大手キャリアと格安SIMで2倍以上の差があります。割引なしなら3倍以上・・・

2. 自分に合ったプランを選べる

格安SIMの事業者は多種多様なプランを提供しており、自分の使用スタイルに合ったプランを選ぶことができます。

データ通信量が少ない人向けのプランから、大容量データプランまで幅広く揃っています。

データのみを使いやすくすることも可能!!

3. 契約の自由度が高い

大手キャリアのように長期契約の縛りが少なく、1ヶ月単位で契約を変更したり、解約したりすることができます。

格安SIMのデメリット

1. 通信速度の低下

格安SIMは大手キャリアの通信網を借りているため、利用者が多い時間帯(昼休みや夕方など)には通信速度が低下することがあります。特に動画視聴や大容量のデータ通信を行う際には注意が必要です。

2. サポートが限定的

大手キャリアに比べて、店舗数が少なく、サポート体制が限定的な場合があります。自分で設定を行う必要がある場合も多いため、技術に不安がある人は注意が必要です。

格安SIMの選び方

1. 通信速度を確認

各格安SIM事業者の公式サイトやレビューサイトで、実際の通信速度を確認しましょう。特に自分がよく利用する時間帯の速度が安定しているかどうかをチェックすることが重要です。

2. 契約条件を確認

契約期間の縛りや解約手数料、プラン変更の自由度などを確認しましょう。柔軟に対応できる事業者を選ぶことで、後々のトラブルを避けることができます。

3. 自分の使用スタイルに合ったプランを選ぶ

月々のデータ使用量や通話の頻度を考慮し、自分に最適なプランを選びましょう。また、家族で利用する場合は、シェアプランがあるかどうかも確認してみてください。

おすすめの格安SIM事業者

ahamo(ドコモ)

音声通話月額料金データ量回線
2,970円~ 20GB~docomo

ドコモから登場したの格安プラン。ahamoは初心者でも選びやすくなっているプラン。

楽天モバイル

楽天モバイルは、月額料金が非常にリーズナブルで、楽天ポイントが貯まる点が魅力です。特に楽天経済圏を利用している人にはおすすめです。

LINEMO

音声通話月額料金データ量回線
990円~3GB~ソフトバンク

※2024年7月~新規プランへ変更

ソフトバンクから登場した、LINEMO(ラインモ)の紹介。ソフトバンクがラインモバイルと作った格安SIM。

まとめ

格安SIMを利用することで、スマートフォンの通信料金を大幅に節約することができます。ただし、通信速度やサポート体制など、いくつかのデメリットも存在します。自分のライフスタイルや使用状況に合わせて、最適な格安SIMを選びましょう。

格安SIMを上手に活用して、毎月の通信費を賢く節約してみませんか?

コメント