スマホを長持ちさせる方法、バッテリー(電池)寿命を延ばし長く使う方法

格安SIM・スマホ
スポンサーリンク

こんなお悩みありません?

スマホを長く使いたいが、バッテリーが持たなくなってしまう・・・・

マリトシ
マリトシ

こんにちは、著者のマリトシです。

今回はバッテリーを長持ちさせる方法をお教えします。

スマホ寿命でスマホを交換する一番の原因はバッテリーの劣化です。

大抵の人はスマホを充電しても1日もバッテリーが持たなくなってしまうため、スマホ事態を交換してしまう方も多くいます。

マリトシ
マリトシ

バッテリー寿命を延ばせば、それだけスマホを長くつかえます。

結論

  1. 充電回数を減らす
  2. 充電は20%~完了は80%がベスト
  3. 充電しながら使用禁止

バッテリー寿命

パン太
パン太

バッテリーの劣化が交換時期だと思ってしまうね。

バッテリーを長持ちさせる方法

バッテリーを長持ちさせる方法は基本的に3つです。

バッテリーを見出し
  1. 充電回数を減らす
  2. 充電は20%~完了は80%がベスト
  3. 充電しながら使用禁止
マリトシ
マリトシ

それぞれ詳しく説明していきます。

1.充電回数を減らす

充電をするたびにバッテリーは劣化していきます。そのため最低限の回数で充電するようにしてください。

iPhoneサポートより、『iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回(2年半)繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。』

パン太
パン太

だからバッテリーの交換目安が3年になってしまうんだね

マリトシ
マリトシ

充電回数を減らせば、それだけ長持ちさせることができます。

注意があります!!

バッテリーの充電回数を減らすからといって、毎回0%まで使い、100%まで充電するのはNGです。

次の【2.充電は20%~完了は80%がベスト】で説明します。

2.充電は20%~完了は80%がベスト

スマホのバッテリーの充電タイミングは20%がベストです。それも充電を終わらせるタイミングは80%となっています。

この理由はバッテリーが0%になるとダメージを与える危険があるため、20%までに充電するのが良いそうです。

あと、100%の状態もバッテリーにダメージを与えるため充電は80%で辞めるのがベストです。100%で充電をし続けているとそのまま劣化の原因になってしまいます。

パン太
パン太

毎回0%まで使って、100%にするのはダメなんだね・・・・・

マリトシ
マリトシ

程よいタイミングで充電してください。

充電しながら使用禁止

充電しながら使用するとバッテリーを使いながら充電しているため、充電を繰り返している状態になります。そのため寿命が短くなるそうです。

〇おすすめの充電タイミング

パン太
パン太

僕はいつも寝るときにバッテリーを充電するよ

マリトシ
マリトシ

実はバッテリーを充電するタイミングとしてはあまりよくありませんね。

スマホの充電をするときは寝ているときに充電する方が多くいると思われます。しかし、寝ているときに充電はよくありません。

寝ているときに100%を超えてもそのままで充電するため、バッテリーを劣化させます。

マリトシ
マリトシ

おすすめのタイミングは起きているときがベストです!!

起きているときならいつでも充電器から外せるため、100%になる前に外すことができます。

おすすめの充電タイミング

  • 仕事から帰って充電、寝るときに充電を外す
  • 朝起きて、出かけるまでに充電

これをすることで、家でスマホの使用も避けることができ、一石二鳥!!

パン太
パン太

えー、家でもスマホを使いたいよー・・・

そんな方におすすめの充電器があります。

〇急速充電

iPhone用 android用 急速充電器

Anker PowerPort 2 Elite

パン太
パン太

でも、急速充電器はバッテリーを傷めないの??

マリトシ
マリトシ

いえ、長時間使用は危険です。しかし、100%にしないですぐに外せばOK

急速充電のデメリットではバッテリーを傷めてしまいます。しかし、これは長時間(100%)を超えてからも充電するため。

そのため、バッテリー残量が80%以上になったなったらすぐに外せば問題ありません。

まとめ

バッテリーの劣化を防ぐには?

結論

  1. 充電回数を減らす
  2. 充電は20%~完了は80%がベスト
  3. 充電しながら使用禁止

コメント